工事進捗事例更新 暗騒音工法に取組んでいます お問い合わせ

降水確率 No.2

天気予報を見て、傘を持って行くのは、降水確率が何%からですか?

傘を持つ負担と、雨に濡れる負担から考えてみましょう。

私は、少しの雨なら濡れてもかまわないので、降水確率40%の時、

傘を持つ負担を30、濡れる負担を10として考えてみます。

~~傘を持つ場合~~

晴れる確率 0.6 × 傘を持つ負担 30 + 雨の確率 0.4 × 傘を持つ負担 30 = 30

~~傘を持たない場合~~

晴れる確率 0.6 × 傘を持つ負担 0 + 雨の確立 0.4 × 雨に濡れる負担 10 = 4

となり、降水確率40%では、傘を持たないで出かけたほうが負担が少なくなります。

あなたは、「傘を持つ負担」と「雨に濡れる負担」をどれくらいに設定しますか?

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/