工事進捗事例更新 暗騒音工法に取組んでいます お問い合わせ

信号機

日本初の信号機は、1930年、アメリカから導入され、東京の日比谷交差点に設置されました。

信号といえば、青・黄・赤のランプの交通信号灯器を思い浮かべますが、信号の柱のそばにある

交通信号制御器が司令を出しています。

最近では、半数近くの信号機が、消費電力が少なく、寿命が長いLED式になっています。

停電しても消えない信号機や、水没しても壊れない信号機など、災害に強い信号機も登場しています。

信号機は、私たちの安全を守るために、日々、進化しています。

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/