工事進捗事例更新 暗騒音工法に取組んでいます お問い合わせ

mRNAワクチン

ファイザー社とモデルナ社のワクチンは「mRNAワクチン」です。

mRNAワクチンを調べてみました。

 

コロナウィルスの表面には、トゲトゲの構造を持つスパイクタンパク質があります。

このトゲトゲだけを再現する遺伝子=RNA(mRNA)を試験管内で合成します。

RNAは、タンパク質を1回作ると役目を終え、ヒト細胞内の酵素により分解されるので、

構造を改変したRNAを脂質の膜で包み粒子状にして、PRG(ポリエチレングリコール)で

コーティングしワクチンが完成します。

ワクチンを接種すると、脂質粒子はヒト細胞と融合しmRNAを放出し、リポゾームが

mRNAの指示に従いスパイクタンパク質を合成します。

免疫細胞はスパイクタンパク質を発見し、免疫反応が起きて抗体を作ります。

抗体は、コロナウィルスが侵入しても、重症化や発熱などの症状がでるのを防ぎます。

 

たくさんの人が接種を受ければ、重症者や死亡者は減り、医療機関の負担は軽くなります。

反面、アメリカ・CDC=疾病対策センターは、ワクチンに含まれるポリエチレングリコールが

アレルギー反応を起こす可能性があると指摘しています。

65歳以上の高齢者や基礎疾患のある人は、ワクチン接種で発症を防ぐメリットの方が大きい

のではないでしょうか。

新型コロナウィルスの新薬が、早く開発されることを願わずにはいられません。

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/