工事進捗事例更新 暗騒音工法に取組んでいます お問い合わせ

帯状疱疹

帯状疱疹は、免疫低下により、神経に潜む水痘・帯状疱疹ウイルスが発症する皮膚疾患です。

右側、または左側どちらか一方に出るのが特徴で、痛みを伴う皮膚症状が3週間ほど続きます。

ピリピリ、チクチク、ズキズキといった神経痛が現れ、赤い斑点が見られるようになり、

その後水ぶくれができ、水ぶくれが破れてびらんになり、かさぶたになって症状がおさまる、

という経過を辿ります。

角膜炎、顔面神経麻痺、難聴、皮膚症状がおさまった後も痛みが継続する帯状疱疹後神経痛

などを起こす可能性があります。

帯状疱疹は「いかに早く治療するか」が大切です。

帯状疱疹かなと思ったら、早めに病院で受診するようにしましょう。

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/