工事進捗事例更新 暗騒音工法に取組んでいます お問い合わせ

HOME > トピックス

topics

0.5食

電通食生活ラボさんのHPによると、0.5食とは

「食事の時間や手間を十分にかけずに食べる、ちょっとした食べ物や飲み物のこと」

を言います。

食事の代わりに、バナナやゆで卵、お菓子などを食べる人が増えていて、

きちんと1日3食を食べているのは全体の7%だそうです。

食事のバランスや量、タイミングは、一人ひとり違うと思います。

自分に合った方法を、食事に取り入れてみませんか。

 

1日3食は、もはや当たり前ではない?時代を象徴する「0.5食」

https://dentsu-ho.com/articles/8662

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

新紙幣

7月3日、新しい紙幣が発行されました。

一万円札は「渋沢栄一」と「東京駅丸の内駅舎」、

五千円札は「津田梅子」と「フジ(藤)」、

千円札は「北里柴三郎」と「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」が

採用されています。

また、偽造対策として、肖像の背景には小さな菱形の模様が

連続的に入っており、立体的な肖像が左右に回転するデザインの

3Dホログラムが貼ってあります。

ところで、みなさんは知っていますか。

2025年に開催予定の大阪・関西万博での買い物には、

原則として現金が使用できないそうです。

なんとも「ちぐはぐ」な印象を受けます。

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

全国安全週間

令和5年の建設業における死亡者数は212人、うち、熱中症

による死亡者数は11人でした。(令和6年3月速報値)

熱中症は、気温が高い時期に起こるものと思われがちですが、

気温が30度以下でも、湿度が高いと熱中症事故が起きます。

こまめな休憩、通気性のよい服を着る、水分の補給など

暑さを避け、身を守る対策を実施しましょう。

 

令和6年度スローガン

「危険に気付くあなたの目 そして摘み取る危険の芽 みんなで築く職場の安全」

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

新しい仲間を紹介します

東京営業所 配属の斉藤さんです。

 

1.簡単に自己紹介をお願いします。

斉藤容子です。神奈川県川崎市在住です。(夫・長男・長女と4人家族です。)

こちらの業界でのお仕事は未経験です。経歴は、医療事務(診療サポート)・企業の総務・営業事務になります。

 

2.転職の動機を教えてください。

子育てが落ち着いたので、経歴を活かし、自分自身のキャリアアップしていく為。

 

3.当社へ入社前の印象を教えてください。

・福利厚生が充実している。

・社員の個性を尊重している。

・休日が多い。

 

4.仕事をするうえで、こだわっている事はありますか?

・慎重に業務をこなしていく。

・粘り強さ。

 

5.10年後、この業界はどうなっていると思いますか?

施工管理の需要は多いので今後伸びていく傾向にあると思います。

また、人材は不足し、施工管理技士の価値は上昇していくと思います。

施工管理の仕事は専門的で技術的な要素が多いので、失業リスクは低いと思われます。

 

6.何か一言お願いします。

微力ではございますが、東京営業所の皆様がスムーズに業務が進められるよう、お力になれたらと思います。

自分自身、努力して頑張っていきたいと思っております。

宜しくお願い致します。

 

慣れないことばかりで大変だと思いますが、

頑張ってください。

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

 

暑さ指数(WBGT)

WBGTとは、Wet Bulb Globe Temperatureの略で、直訳すると湿球黒球温度です。

WBGTは、次の計算式によって計算されます。

屋内:WBGT値 = 湿球温度 × 0.7 + 黒球温度 × 0.3

屋外:WBGT値 = 湿球温度 × 0.7 + 黒球温度 × 0.2 + 乾球温度 × 0.1

>>>湿球温度は、水に湿らせた布で温度計の計測部を包み、観測した温度のこと

>>>黒球温度は、黒色に塗装された薄い銅板の球(中は空洞、直径約15センチ)の中心に温度計を入れて観測した温度のこと

>>>乾球温度とは、通常の温度計で気温を観測した温度のこと

1954年、熱中症リスクを表すための指標として、アメリカで考案されたWBGT。

環境省では、このWBGTのことを暑さ指数と呼んで、熱中症予防情報サイトを公開しています。

日常生活や運動時の熱中症対策に活用してください。

 

環境省 熱中症予防情報サイト

https://www.wbgt.env.go.jp/

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

ブドウ

世界で作られているブドウの約7割はワイン用ですが、

日本で作られているブドウの約9割は生で食べられています。

表面についている白い粉は「ブルーム」と呼ばれる成分で、雨をはじいたり、

水分の蒸発を防ぐ役割があり、ブルームがついているブドウは新鮮です。

品種により旬の時期は違いますが、国産のブドウは6月から出回ります。

いろいろな品種を食べ比べてみるのもお勧めです。

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

コロナ自粛の効果検証

大阪日日新聞の記事によると

自粛による感染抑止効果はなかったようです。

将来、パンデミックが発生したときに、同じ過ちを

繰り返さないよう、効果の検証が必要だと思います。

 

 

消えた対策費77兆円の真実

「コロナ自粛と感染抑制は無関係」「自粛」の効果検証を発表

https://weekly-osakanichi2.net/?p=15663

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

海ごみゼロウィーク2024

5月30日~6月9日まで、春の海ごみゼロウィーク強化月間です。

2050年には、プラスチックをはじめとする海洋ごみの量が、

魚の量より多くなるとの予想もあります。

海洋ごみの約8割が、陸から川を伝って海に流れ出したものなので

海だけでなく、陸 = 街でもごみを減らす活動が大切です。

 

環境省「海ごみゼロウィーク2024」

https://uminohi.jp/umigomi/zeroweek/

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/

青少年の雇用の促進等に関する法律施行規則第7条第4号についての公表

■ 従業員数
・51名(男性 42名、女性9名)
■ 事業年度
・ 2021年4月21日~2022年4月20日(2021年)
・ 2022年4月21日~2023年4月20日(2022年)
・ 2023年4月21日~2024年4月20日(2023年)
■ イ 直近三事業年度新規学卒等採用者の数及びそのうち直近の三事業年度に離職した者の数
・ 2022年  0名
・ 2022年  0名
・ 2023年  0名
■ ロ 男女別の直近三事業年度新規学卒等採用者の数
・ 2022年  男性1名 女性0名
・ 2022年  男性2名 女性0名
・ 2023年  男性1名 女性1名
■ ハ 直近の三事業年度に採用した青少年である労働者(直近三事業年度新規学卒等採用者を除く。)の数及びそのうち直近の三事業年度に離職した者の数
・ 2022年  採用0名  離職者0名
・ 2022年  採用1名  離職者0名
・ 2023年  採用2名  離職者0名
■ ニ その雇用する労働者の平均継続勤務年数
・ 8.0年
■ ホ その雇用する労働者に対する研修の内容
・ 施工管理向け新入社員研修
>>マナー講座、報連相の仕方、工事現場における基礎知識教育等
・ 職長・安全衛生責任者教育
>> 工事現場での安全管理方法、事故発生時の連絡方法等
・ 工事現場OJT
>> 弊社実施専門工事を行う各現場への参加
・ 2土木施工管理技士講習
>> 2級土木施工管理技士試験への対策
・ 1土木施工管理技士講習
>> 1級土木施工管理技士試験への対策
■ ヘ その雇用する労働者が自発的な職業能力の開発及び向上を図ることを容易にするために必要な援助の有無並びにその内容(チに掲げる事項を除く。)
・ 職務・会社の操業にとって必要な資格取得のための受験費用など、必要経費を会社負担
■ ト 新たに雇い入れた新規学卒者等からの職業能力の開発及び向上その他の職業生活に関する相談に応じ、並びに必要な助言その他の援助を行う者を当該新規学卒者等に割り当てる制度の有無
・ なし(明確に人を割り当てることはしませんが、上司とペア体制で経験を積んでいただきます)
■ チ その雇用する労働者に対してキャリアコンサルティングの機会を付与する制度の有無及びその内容
・ なし(ただし、年2回の上司とレビュー面談を実施しております)
■ リ その雇用する労働者に対する職業に必要な知識及び技能に関する検定に係る制度の有無並びにその内容
・ なし
■ ヌ その雇用する労働者一人当たりの直近の事業年度における平均した一月当たりの所定外労働時間
・ 2023年の実績として、平均1.2時間の月当たり所定外労働時間となります
■ ル その雇用する労働者一人当たりの直近の事業年度において取得した有給休暇の平均日数
・ 2023年の実績として、平均12.5日の休暇取得となります
■ ヲ 育児休業の取得の状況として、次に掲げる全ての事項
・ その雇用する男性労働者であって、直近の事業年度において配偶者が出産したものの数及び当該事業年度において育児休業をしたものの数
・ 0名(対象者1名)
・ その雇用する女性労働者であって、直近の事業年度において出産したものの数及び当該事業年度において育児休業をしたものの数
・0名(対象者0名)
・直近の実施者はおりませんが、育児・介護休業や産休制度など制定されており、対象者には個別説明を行ったうえで個人意思を尊重しております。
■ ワ 役員に占める女性の割合及び管理的地位にある者に占める女性の割合
・役員比率0%
・管理的地位にある者の比率 10%

 

税金

日本経済新聞の記事によると、

コロナ予備費12兆円のうち、最終的な用途を特定できたのは

6.5%の8千億円強で、9割以上は、どう使ったかわからないそうです。

また、朝日新聞の記事では、

廃棄される新型コロナウイルスワクチンが約2億4千万回分あり、

概算で約6653億円になるそうです。

国民には、納税の義務があります。

どのように税金が使われているか知ることからはじめてみませんか。

 

 

コロナ予備費12兆円、使途9割追えず 透明性課題

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA143WV0U2A410C2000000/

 

コロナワクチン廃棄2億4千万回分 厚労省「無駄とは考えていない」

https://www.asahi.com/articles/ASS4H2Q2SS4HUTFL009M.html

 

 

豊田株式会社ブログ

http://toyota-corp.blogspot.jp/